== 趣味 ==

ヴェルレーヌに捧ぐ午後

昨日はミストレス・ノールさまの直営ショップにて開催された
「ちひさな文藝キャバレー《霧とリボン》
vol.4 〜ヴェルレーヌに捧ぐ頽廃の午後〜 」
に参加させて頂きました。

フランスの詩人ヴェルレーヌに寄せる
アブサンの頽廃のGreenに包まれた
女性5名限定の密やかなキャバレー。
2015719-1.jpg

完璧なる美しい演出。
ティーカップも頽廃のGreen。。。
2015719-3.jpg

アブサンの頽廃の香りに包まれる小部屋。
2015719-2.jpg

ヴェルレーヌを研究なさっている玉田優花子さまによる、
フランス語での朗読、その詩が使われた曲を蓄音機で鑑賞、
そして日本語訳の朗読。。。
2015719-4.jpg

2015719-5.jpg

フランス語のなんと美しいこと。。感動に打ち震えました。
「霧とリボン」の小部屋も頽廃のGreenの演出にて。
(でも写真はランボオ。。(ヴェルレーヌと関係はありますけどね。。)
2015719-6.jpg

頽廃芸術の数々も展示されておりました。
ビアズレー、アラステア。。。
貴重な作品を拝見出来たこともまた嬉しく。
2015719-7.jpg

終了後はノールさまのお部屋にお招き頂き、寛ぎのひととき。
モペさまにも久々にお会い出来ました*
(モペさまが大のお気に入りなので捨てられないと仰っていた箱。。。)
少し眠そうなモペさま…*
2015719-8.jpg

玉田さまの囁くような優美なお声とフランス語の響きがとても心地良く、
また原文で読まなければ分からないような
ヴェルレーヌの言葉への深いこだわりも解説頂けたこと、
とても貴重なひとときでした。

お見えになっていた皆様とのお話も楽しく、
美しくも朗らかなお時間。幸せでした*

私なんぞは教養も知識も薄く、
いつもこのような場所に居て良いのだろうかとそわそわしてしまうのですが、
美を学ぶような心持ちで参加させて頂きました。
美しい方々と美しい言葉たちと、美しい空間。。。
至福のひとときを下さったノールさま、玉田さま、
淑女の皆様に心より感謝申し上げます。

私は言葉というものが大好きなのに、
言葉(を発すること)というのがとても苦手です。
普段も饒舌とは程遠いのですが、
この感動や幸せや美しさを伝えきれないもどかしさたるや…。

因みに初めて頂いたアブサンは、
香りや味は割と好みのものでしたが(しかし非常に個性的です)、
漂う蠱惑的な何かに怖気付いてしまい2口程しか頂けませんでした。
詩人や芸術家たちがアブサンの魅せる頽廃に堕ちていったのが解る気が致しました。。。

いつもながらノールさまの完璧な美意識と細やかなお心配りに平伏すばかりです…。
そして初回からずっと憧れながらも機会を持てずにいた
「霧とリボン文藝キャバレー」にようやく参加することが出来、
長年の夢がひとつ叶いました。。。*
┗ 20:49:41 ━ Page top ━…‥・
Prev « ┃ Top ┃ » Next