== 徒然 ==

物語を読む

昼間、座椅子に凭れて本を読んでいた時、
この今の自分の状態、数年前と全く同じ、という事に気付く。

その瞬間、その当時の感覚が甦る。
蒸し暑い午後、カーテンが微かな風に揺れる。
素足に風の涼しさを感じながら、
物語を読んでいる。
その時の自分が見えた。

何にも無かった時の方が幸せだった。

なんてこともあるのだなぁ。。。

6月だからね、そのせいね。
┗ 18:41:07 ━ Page top ━…‥・
Prev « ┃ Top ┃ » Next