== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 趣味 ==

聖テレーズの会

9月30日

麗しき邸宅にて、「聖テレーズの会」が開かれました。

可憐な乙女たちが集い、この日の習い事は
野田先生をお迎えしての刺繍教室。

ゴールドワークという王族のローブなどに使われた高貴な手法の刺繍。

金糸をひと針ひと針。
心を込めながら刺している乙女たちの姿はまるで祈りの儀式のようでした。

そして出来上がった十字架のチャーム
20120930-3.jpeg

私の十字架は何だかシャープネスに欠けたゆるい子になってしまいましたが;
心地良い集中力と、達成感。
とても充実したお時間となり、出来上がったそれぞれのチャームを見ながら
楽しそうに語らう乙女の声や笑顔にとても幸せな気分になりました。

今回はこのお教室の後に一般公開の小さな展示も開催。
敬愛するミストレス・ノールさま、SERAPHIMさま、
そしてこの邸宅の女主人・久保田恵子さまと共に展示に参加させて頂きました。

恵子さんの邸宅に飾って頂いた作品。何だかいつもと違って見えます。
20120930-2.jpg

そしてキャンドルも出品致しました。
20120930-1.jpeg
ゴレンジャーみたい。

台風が近付いているという日であったため、
残念ながらお客様はほとんどお見えになれませんでしたが、
この素敵な空間を彩るお手伝いが出来てとても嬉しかったです。

そして、お客様をお出迎えする前のひととき、
お客様をお見送りした後のひととき、
憧れて止まないノールさま、SERAPHIMさま、恵子さまと共に過ごすひとときが
私にとってはとても贅沢で、とても幸せなお時間でした。

このような機会を頂けたことに、心から感謝致します。
ありがとうございました。

私は作品の技術も、人間としても、まだまだ未熟ですが、
それでもこうしてお声掛け頂き、珠玉の美意識をお持ちの皆様と
御一緒させて頂けることで
いつも自分自身を律することが出来、もっと精進しなければと
背筋がしゃんとするような心持ちになるのです。


10月1日は「聖テレーズの祝日」
「小さき道」
テレーズは修道生活の中で、
自分には著名な聖人たちのように「おおきなわざ(すぐれた行い)」
をするほどの力がないことに思い至った。
そこで神への愛をどうやって表せば良いのかと自問した。
そこでテレーズが出した答えは、
自分は幼子のような「小さき道」を行くのだということであった。

それは神への愛の表現として小さな愛のわざを心がけること、
小さな犠牲をほほえみをもって耐え忍ぶこと、
幼児が両親の愛を疑うことを知らぬように、神を全面的に信頼することである。

24歳という若さで天に召された修道女。
テレーズさまのように日々小さな祈り、小さな愛、小さな微笑みを
絶やす事なく、「小さき道」を心掛けて過ごしたいです。

とても好きで、日々の心掛けとしている方です。

テレーズさまへの祈りを込めて。
http://www.youtube.com/watch?v=DQQ5lifny6c&feature=related


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
過去記事への拍手、ありがとうございました!
いつもとても嬉しいです*多謝*
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
┗ 00:11:41 ━ Page top ━…‥・
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。