== 趣味 ==

個展出展作品その3

「献花」

kenka.jpg

250×500(mm)の変形。

この子、今回一番人気でした。
皆さんこの絵の前でじっと立ち止まって御覧になって下さって
とても嬉しかったです。

頭に花を盛る、という構想は何年も前からあって
スケッチも色々していたのですが、
何故かきちんと作品として描く機会がなく、
今回ようやく形になりました。

画像では分かりませんがお花部分は全て点描です。
お花を描くのは好きですが、こんなにてんこ盛りだと
いつまで経っても終わりが見えず、
何度も途方に暮れてしまいました。

でも美しく仕上がったと思うので一安心。

お花は御祝いにも、愛の告白にも、弔いにも
その人を彩ります。

花の記憶、花の馨りの記憶。

お花の命は本当に短いですね。
でも、その一瞬の命の輝きが人の心に深く刻まれます。

花のように生きられたらな、といつも思います。

そんな事を想いながら生まれた「献花」
沢山のひとたちの心にあの子の彩りが在り続けますように。

┗ 20:49:24 ━ Page top ━…‥・

== 趣味 ==

個展出展作品その2

「マグダラのマリア」

magdara.jpg

100×140(mm)葉書サイズの小品。


「悔悛した罪の女」
娼婦であり聖女でもある女性と言われています。

聖書では、イエスに「七つの悪霊を追い出された」ことにより改心(回心)
し、それまでの享楽の生活を捨ててイエスに従ったと考えられている。
「七つの悪霊」とは
「七つの大罪」邪淫、貪食、貪欲、怠惰、憤怒、羨望、高慢であるとされている。

イエスを信じる思いは強く、イエスが捕まった時、
弟子たちの多くが逃げ出したもに関わらず、彼女はイエスを信じ続けた。
そしてイエスの復活を最初に目撃したと言われている。


マグダラのマリアはとても人間ぽくて好きです。
聖人は沢山いますが、実は彼女のように回心して聖人となった人は多いのです。

実際娼婦であったかどうか等は謎のままで、福音書からの解釈も色々あります。

占いなどでカードとして登場した時の解釈のひとつには
「人から受ける良いことも悪いことも、全て受け入れ愛すること」
とあります。(これも諸説ありますが)

私としてはこの言葉がとても心に素直に入ってきたので、
マグダラのマリアのイメージはこれなのです。
例え娼婦として疎外され人から悲しい言葉を言われても
その全てを受け止め、愛を失わず、イエスを信じ続けた女性(という私の妄想です)

この作品はそういう想いで描きました。

悔悛し、信じる心を貫いた彼女の強さも、
それを啓示し、回心させたイエスの大きな教えも、
素晴らしいなと思います。

なかなかこんな境地にはなれませんが。
救われるきっかけが全ての人にあれば良いと願います。
┗ 23:30:29 ━ Page top ━…‥・

== 趣味 ==

個展出展作品

気まぐれに個展出展作品をアップしたいと思います。
もう少し落ち着いたらHPにもまとめますね。

「祈りを編む」

inoriwoamu.jpg

250×500(mm)の変形。

この子を描いている時に何故か涙が出ました。
その時は分からなかったけど、今は分かりました。

どれほど祈っても、願っても叶わないこともあります。

それでも祈り続けるということは
愛を捧げることと同じように感じます。
例え届く事がないとしても。

少女の祈りを赤いリボンで結びましょう。
┗ 18:16:36 ━ Page top ━…‥・

== 趣味 ==

個展を終えて

個展「Dämonisch」無事終了致しました。

連日多くのお客様にお越し頂きましたこと、心より感謝致します。
ありがとうございました。

ペイ*デ*フェのりむちゃんも赤ちゃん店長といらして下さいました。
20131016-1.jpg

乙女たちからはとても綺麗なお花を頂きました。
20131016-2.jpg

お花以外にも沢山の差し入れを頂戴し、お心遣いありがとうございます。
少しずつ頂きたいと思います。お手紙もとても嬉しかったです。

大巨匠、笠間しろう御代もいらして下さいました。
20131016-3.jpg
笠間先生はいつもとてもお優しく、
御言葉のひとつひとつがとても深く励まされます。
一時期体調を崩されていたようで心配していましたがお元気そうで安心しました。

今回の展示の演出のひとつ。
20131016-4.jpg
写真と絵を組み合わせるというもの。
敬愛する作家様の御助言と、ご協力下さったカメラマンさん達のおかげで
このように実現出来ました。本当にありがとうございます。
これ以外にも2パターンありました。

お気に入りの演出。
20131016-5.jpg

こう見ると本当に聖堂のようですね。祈り中。
20131016-6.jpg

動画で展示風景は撮ったのですが、撮ったもののどうしたら良いのか
分かってないので、またアップ出来たらお知らせ致します。

昨年の個展からちょうど1年後でしたが、
作風を変えたことが皆様に受け入れて頂けて安心しました。
昨年はずっと願っていた画廊での個展を開催することの喜びが大きかったですが、
今年は最初の1枚にペンを下ろすまで随分時間が掛かりました。
でも、制作に心を費やし、制作のことだけに向き合えた時間はとても幸せでした。

そして短い会期にも関わらずリピーターの方も多く、
何より、皆さんが1枚1枚じっくりと時間を掛けて御覧下さったり、
何度も何度も御覧下さったり、
それぞれに作品と対峙して下さるそのお姿に感動する日々でした。
中には1枚の絵の前から動けなくなってしまったように
じっと見つめて下さる乙女が居たり、
目を潤ませて御覧下さったりと、
これまでには無かった幸福な場面に立ち会うことが出来ました。

初めてお越しになる方々、初めて作品をお迎えして下さった方々も多く、
御縁が広がっていくことを感じました。
多くの方に原画を御覧頂けたことが何より嬉しかったです。

制作中、会期中も皆様から沢山のお優しいお心遣い、御言葉を頂戴し、
大きな励みになり支えとなりました。
皆様のおかげで、無事に個展を迎えられましたこと感謝致します。
貴重なお時間を頂戴しお越し下さった皆様、お気に留めて下さった皆様、
作品をお迎え下さった皆様、画廊オーナー様、スタッフの皆様、
全ての方に心より御礼申し上げます。

あの小さな聖堂に並んだ作品たちが
皆様の御心に仄かに灯る光となりますように。

そして、皆様から頂戴した御心を糧にこれからも精進致します。
今後共どうぞ宜しくお願い致します。
┗ 00:40:52 ━ Page top ━…‥・

== 告知 ==

告知(終了しました)

◆安蘭 個展「Dämonisch」◆
demonisch2.jpg

2013年9月30日(月)〜10月10日(木)
銀座ヴァニラ画廊 A roon

月曜〜木曜 12時〜19時 (金曜は20時まで。土祝・最終日は17時まで)
*日曜休廊 
*入場料 500円

ヴァニラ画廊
http://www.vanilla-gallery.com/

「Dämonisch」

*デモーニッシュ(独)
ゲーテ曰く
「デモーニッシュとはどんな概念にも、ましてどんな言葉にも捉えきれぬようなものである。
〈神的〉でもなく、〈人間的〉でもない。そして
〈悪魔的なもの〉でもなく、〈天使的なもの〉でもない。
それは〈偶然〉と〈神の摂理〉のようなものであり、
無意識の領域に働く捉え難い超人間的・超自然的な力により、
悟性や理性では解き明かし得ないものの事であり、我等を支配しているものである」


「人間的」「神的」「悪魔的」「天使的」、また「美」「醜」など、
全ては表裏一体であり、またどれでもない。
その概念を超えた存在を目の当たりにした時に、
人の心は深い畏怖の念と甘美な陶酔を感じることが出来るのだろう。
それが「聖性」であり、「デモーニッシュ」であるという解釈の元制作致しました。

ヴァニラ画廊では2回目の個展です。
画廊は移転致しましたので、お越しの際は場所などのご確認をお願い致します。

今年も作品たちと共に皆様とお会い出来ますこと、楽しみにお待ちしております。

どうぞ宜しくお願い致します。
┗ 21:12:57 ━ Page top ━…‥・

== 趣味 ==

個展折返し

個展もあっという間に折返し。

日々多くのお客様にお越し頂き、
嬉しい御言葉、お心遣いを頂戴し、幸せなひとときです。

20131006-1.jpg
画廊の看板。
移転したので昨年とは仕様が異なりますが、
やはりこれを見ると何とも感慨深い気持ちになります。

今回は1枚1枚じっくりと御覧になって下さったり、
何度も見て下さる方が多くいらっしゃるように感じます。
それはとても嬉しく、
皆様が作品に対峙しているお姿を拝見しながら感動しております。

まだ会期も残っておりますので、色々な想いはまた終了してからということで。

綺麗なお花を頂いたので活けました。
20131006-3.jpg

差し入れも沢山頂きました。お心遣いありがとうございます。
持ちきれない程なので最終日に作品と一緒に配送したいと思います。
お手紙もとても嬉しいです。
皆様のお心遣いも少しずつ頂きたいと思います。私の栄養です。

友人知人は勿論のこと、大学時代の恩師、
大学助手として勤めていた頃の学生たち、
現在の仕事でご一緒した方々、
懐かしい方や思いがけない方も足をお運び下さり、
展覧会というものが、皆様とお会い出来るきっかけになっていることも
とても嬉しく思っています。
そして、何年経ってもこうしてお越し頂けること、とても有難いです。

黒色すみれのさっちゃんもお忙しい中来て下さいました。
20131006-2.jpeg
黒にゃんこ可愛い。
思えば「すみれの天窓」での個展から色々なことが繋がって紡がれて行きました。
本当に感謝しています。

人との出会いも、作品との出会いも、御縁というものがあるのだなぁと
しみじみと感じています。

皆様から頂いた光栄な御言葉、温かな御心、
全てはこれからの糧としたいと思います。

お越し下さった皆様に心より御礼申し上げます。

本当にありがとうございました。

残す会期は明日7日(月)〜10日(木)の4日間です。
最終日は17時までですのでお気を付けてお越し下さいませ。

画像では再現出来ないものばかりなので、
原画を御覧頂けましたら幸せに思います。

画廊まで迷われる方が多くいらっしゃいますが、
迷われたらご遠慮なく画廊までお電話下さい。
旧画廊からも遠くないので、そちらが分かればそこからでも良いので。
銀座通りの資生堂、博品館、天國などからですと御案内しやすいです。

皆様のお越しをお待ちしております。

明日からまた宜しくお願い致します。
┗ 23:49:21 ━ Page top ━…‥・

== 趣味 ==

個展始まりました。

昨日より、個展始まりました。

オープンぎりぎりまで準備に追わればたばたでしたが何とか無事に開催。

多くのお客様にお越し頂き、嬉しい御言葉を頂き、少しほっとしました。
今回初めていらして下さったという方も多く、
色々なきっかけでこうして自分の作品を知って貰えるようになるのは
とても有難いことだなぁと感じておりました。

多くはツイッターやFBなどネットで知って下さった方ですが、
そういう方々と直接お会い出来ることもとても嬉しいです。

今回、作品と共に物販も色々作ったのでご紹介。
2013093908.jpg
新作ポストカードセット。4枚入り4種類。¥630

20130930-9.jpg
聖母マリア様、マグダラのマリア様のキャンドル。¥2625
灯すととても綺麗です。

20130930-6.jpg 20130930-5.jpg 20130930-7.jpg
アクセサリー色々。¥2625

20130930-3.jpg 20130930-4.jpg
個展出展全作品のポストカードが入った数量限定BOXセット。¥6300
箱に紙を貼ったりデコったり作りました。デザインも色々あります。

20130930-2.jpg
物販コーナー。

これらの物販も通販、お取り置き可能ですので、
遠方で来られない方、確保して置きたい方などいらっしゃいましたら、
画廊で応対させて頂きますので、ヴァニラ画廊までメールかお電話でご連絡下さい。

展示も一番最初に思い描き、計画図案を出したイメージに近く設営することが出来ました。
色々と一緒に思案して下さった画廊スタッフさんに感謝。
20130930-1.jpg

私は会期中ずっと在廊する予定です。
地下で電波が入らないため、迷子さん等は画廊にご連絡して下さいね。
あと、画廊は移転しましたので場所お間違えのないようにお気を付け下さい。

お時間ございましたら是非お越し下さいませ。

どうぞ宜しくお願い致します。


┗ 09:49:32 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old