== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 趣味 ==

アイゼルネ・ユングフラウ

先日、二階健さんの写真作品展を拝見して来ました。

二階健 写真童話展
「アイゼルネ・ユングフラウ
~世界一有名な拷問装置が花の種を植えるまで」


映画「スリーピーホロウ」などにも登場する
世界一有名な拷問装置「鉄の処女」。
聖母の顔を持つ2メートルの鉄人形は、
内部に鋭利な釘を隠し持っていた。
多数の罪人を死に至らしめて来た拷問装置が、
ある心優しい少年と出会い、思いがけない運命を辿る物語。
人の道徳的能力の問題に言及する、
ダークだけどファンタジックな写真童話展。
(展示告知より引用)


いつも二階さんの作品はまずタイトルと告知を見て
どういうものなのだろう??と想像をし、
実際拝見して、こういうことだったのか!と感動されられます。

今回も同じく。
アイゼルネ・ユングフラウ(英訳では「アイアン・メイデン」)
と、花の種。
拷問装置と花。
結びつかないようなこの二つが、切なく美しく
素晴らしい物語となっていました。

罪人を死に至らしめる多数の鋭い鉄針は
誰もが秘めた闇や傷のようにも見え、
しかしその核にある愛の温かさを感じました。

多くの流れた血は清らかな涙に変わり、
重い鉄の扉と針は、愛しいものを抱きしめる腕となり、
花の種を植える手となったのでした。

写真作品であるはずなのに、映像が見えるようで
世界に入り込んでしまいました。

これまでもずっと闇の中にある光というものを表現されてきた
二階さんの作品ですが、今回はそれが一段とダイレクトに伝わり、
シンプルながらも洗練されていて心がいっぱいになりました。

伺えて本当に良かったです。


二階さんのブログ
http://ameblo.jp/nikaism-blog/


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
過去記事への拍手、ありがとうございました!
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
スポンサーサイト
┗ 23:48:24 ━ Page top ━…‥・

== 徒然 ==

あまいものだらけ

過日。
上野にある「高級喫茶・古城」へお友達の岸田尚女史とおデート。
ステンドグラスが広がる店内は、まさに高級喫茶という雰囲気。
美味しいナポリタンと紅茶を頂きながらあれこれお話。
ナポリタンはうっかり写真撮り忘れました。
今度はチョコレートパフェとカレーも食べたい。
キッシーと。
20120224-1.jpg


別の日。
お友達が1ヶ月遅れのお誕生日会をして下さいました。
渋谷にあるカフェで、前々から通る度に何だろう?
と思っていたのですが、どうやらオーガニックらしいです。
お食事に食材の説明が記載されたカードを添えて下さって
雰囲気も良く、とても美味しかったのでまたお伺いしたいです。

皆忙しい中、予定を合わせて集まってくれていつも感謝です。
ケーキ
20120224-2.jpg

これも豆乳の何とかとか、何とかとかヘルシーなものでした。

また別の日。
いつも長蛇の列になっている表参道にあるパンケーキ屋さん
「エッグスンシングス」
http://r.tabelog.com/tokyo/A1306/A130601/13105121/

こんなにいつも大行列では一生食べられないなぁと
思っていたのですが、
たまたま夜に通り掛かったらとても空いてたので念願のパンケーキ
20120224-3.jpg

生クリームどーん!
凄いですが、全然甘くないので意外と食べられました。

そしてまた別の日。
品川プリンスシネマへ。
「オペラ座の怪人25周年記念公演atロイヤル・アルバートホール」
記念公演の映像上映を観てきました。
http://operaza25.jp/
とても素敵な劇場に、更に美しい美術、演出。
終始うっとりと豪華で耽美な世界に浸っておりました。

終演後のイベント?で、歴代のファントムが登場したりと
こちらも豪華。
いつかロンドンに観に行ってみたいな。

お客様のリアクションも然り、
相当な費用の掛かっているであろう演出、美術など然り、
やはり日本よりもっともっと、芸術というものが
開かれた国であるのだなぁと実感しました。
そもそも劇場自体の建築の美しさが比較にならない程ですね。
歌舞伎座がなくなってしまって、
ついに日本の美しい建築物、芸術の場が
失われてしまったと、あのショックは未だ癒えません。

劇場に限らずですが、趣きのある古い建物がどんどん壊されています。
老朽化、安全の為とも理解しつつ、
とても切なく悲しい気持ちになります。
もう二度と戻すことは出来ないのに。

美しさと新しさは決して比例するものではないと思います。
情緒、趣き、美意識。
これ以上無くならないで欲しいと祈るばかりです。

あ、話逸れましたね。
このオペラ座は美の深淵を改めて感じられた作品でした。

観劇後、アンミラにてお茶。
20120224-4.jpg

チェリーパイ。
温めてもらったら、中身が溶けてでろでろしてしまいました。

相変わらずあまいものと共に生きております。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
過去記事への拍手、コメントありがとうございました!

†ikuちゃんへ†
あれ、色も可愛いし大きさも丁度良さそうだよね~♪
フレンチトーストも出来るの?!凄い☆
今13点くらいだよー*期間が長いからコツコツ溜めるよ♪

†Ayaさんへ†
きゃぁっ!
そんな嬉しいお言葉頂いてしまって。。。。うるうる。。
こちらこそ、こうしていつも見て下さって
コメント下さって本当にありがとうございます*
私の方が、いつも励まされて、
また頑張らねばと心を律しております☆
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
┗ 01:37:31 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。