== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 制作 ==

個展「Sanctum」に寄せて

view_image-25.jpg 

あっという間に随分経ってしまいましたが、
ようやく少し落ち着いたので個展のお話を改めて。。


過ぎ去るものと永遠。
時とは絶えず移ろい、死へと運命つけられている有限のもの。
生というものの儚さと哀しみ。
「Sanctum」とは「聖所」「自分だけの私室」「神聖な場所」
聖所は聖書では聖櫃の置かれた神殿。
そして痛みや哀しみを受け止める心の場所という意味を持ちます。
儚さや傷みや哀しみを受容する中で静かに存在する美。
心の場所、ひとりひとりが心の中に内包する自分だけの聖所。


今回、というよりは自分の作品制作において不変的なテーマでもありますが、
このような想いと共に作品を制作しておりました。

なので自分の中では哀しみや切なさの先にある、
それらを内包した美しさというのが全ての作品へ込めたことでしたが、
一見すると寂しそう、哀しそうに感じるので、
御覧下さった方が哀しい気持ちになってしまうかなとか、
伝わるかなというような不安はありました。

view_image-15.jpg

でも訪れた皆様が癒された、浄化された、
哀しいことがあったけれど絵の中の少女たちの凛とした姿を見て勇気をもらえたなど、
そのようなお言葉を沢山頂き、作品を前に涙する方も何人もいらっしゃったり、
そして今回は殊に皆様が何度も何度も作品をじっくりと御覧下さり、
あの空間に長く滞在して下さる様子がとても印象的でした。

それぞれに作品と心寄せて下さり、そして私が伝えたかったことを感じ取って下さり、
お心に小さな灯をともして下さったことが、とても嬉しく、幸せに思いました。

例えば初日のオープン前からずらりと並んで下さったり、
お客様で溢れ返るような熱狂的なことなどは全くなく、
(勿論それはそれで素晴らしいことだとは思います)

しかし、お客様がじっくりと作品と向き合う姿を拝見することも嬉しく、
作品とお客様との御縁というのも強く感じることも多くあり、
日々穏やかで静けさを保ちつつも、
日々奇跡のような幸せの瞬間があり、
そのような作品と、空間と、お客様の関係性というのはとても素敵なことだなと改めて感じました。

そして気付けば多くの御縁を紡ぐことが出来、とても幸せに思います。

view_image-23.jpg


このような日々の中で、自分の作品の在り方、
そして自分自身の在り方のようなものを改めて考えさせられました。

作品も自分自身も、たとえささやかであっても
心寄せて下さる方々のために在り、その方々へ想いや祈りをきちんと届けることが出来たら、
それはとても幸せなことなのだと思いました。

今まであまりなかったのですが、
今回は会期前に異様に周りの反応や色々なことが気になってしまい、
随分とナーバスになり落ち込んだりふさぎ込んだりしてしまい、
そんな自分の心にも戸惑い、どうして良いのか分からなくなるような時もあり、
今となってはお恥ずかしい限りですが。。。

しかし皆様の作品を御覧頂く様子や、頂いたお言葉に、
自分が気にしていたことは全く必要のないことだったと、
これが何より素晴らしく尊いことだと、
皆様のおかげで私の方が沢山励まして頂き、糧を頂き、学びを頂いたような気持ちです。
本当にありがとうございました。

私にとってもとても想い出深い個展となりました。

ネクラなのでこれからもハッピー♪イエーイ♪みたいな絵は描けないと思いますが、
心の機微と共にある美しい強さのようなものを描いて行けたらと思います。

皆様のお心にも白薔薇の小部屋の想い出をいつまでも残して頂けましたら幸いです。

お越し頂けなかった方々もお心を寄せて下さり、
お言葉やお心遣いに心より感謝しております。

そしてこれからも精進を重ねて参りますので、
どうぞ御贔屓に見守って頂けましたら幸いに思います。

これからも絵描きとして生きていきます。

view_image-17.jpg
スポンサーサイト
┗ 18:20:40 ━ Page top ━…‥・

== 制作 ==

DM出来上がりました

通信面サンプル 宛名面サンプル

個展「Sanctum」
DMが出来上がりました*

今回はSERAPHIMのアートワークも手掛ける清沢氏にデザインして頂きました。
とても素晴らしくて幸せです*

今月は順次ギャラリーや店舗、広報協力して下さる皆様へ配送しますので、
何処かで見掛けた際には是非お持ち下さいませ。

年明けからお客様へお送り致します*
┗ 21:22:57 ━ Page top ━…‥・

== 制作 ==

個展

ヴァニラ画廊にて個展を開催することとなりました。

2018年、年明けの冬の清廉な静けさの中、春の訪れを待ち侘びる頃の予定です。
会期などの詳細は分かり次第こちらでお知らせ致します*

まだ先なので、なんとなく御心に留めておいて頂けましたら嬉しいです。
宜しくお願い致します*

┗ 14:06:18 ━ Page top ━…‥・

== 制作 ==

少年展

CtrmeqsVIAAZhEw.jpg

出来上がりました。

少年展第五回【Twins〜対なる身体〜】
2016年10月7日(金)〜16日(日)
ギャルリージュイエ(高円寺)

1点出展致します。

宜しくお願い致します*

ギャルリージュイエ
http://www.juillet.jp/

少年展
http://bg.linksion.com/

┗ 21:39:39 ━ Page top ━…‥・

== 制作 ==

鉛筆画展

CtqfToqUIAAzbY9.jpg

10月1日〜31日まで。
下北沢バブーシュカ
鉛筆画展「おともだち」

1点出展しております。

画集と、過日の個展に出していたポストカードセット、
キャンドルも置いて頂いてます。

こちらも合わせて宜しくお願い致します。
┗ 21:36:37 ━ Page top ━…‥・

== 制作 ==

巡回展終了

Cs3v5C3VYAAHHAt.jpg

安蘭個展「BAROQUE PEARL」
SUNABAギャラリー

会期終了致しました。
お運び下さった皆様、お気に留めて下さった皆様、お迎え下さった皆様、
素晴らしい機会を下さったオーナーの樋口さん、
拙個展へ心を寄せて下さった全ての方に心より感謝申し上げます。

昨年のヴァニラ画廊での個展、
今回のSUNABAギャラリーでの巡回展。

このように長きに渡り「BAROQUE PEARL」の作品たちを
多くの方にご覧頂けましたこと、とても幸せに思います。
皆様のお心に少しでも光を灯し、
百合の小部屋の記憶を少しでも残して頂けましたら嬉しいです。

Cs3v5C2UkAEsEDS.jpg

全ての事柄は始まりと終わりの繰り返しですが、
それは断片的なものではなく、織り紡がれていくものだと思います。

この「BAROQUE PEARL」の物語を経て、
それが織り紡がれた新たな作品を皆様にお披露目出来ますよう、
制作へ心を尽くします。

今後共御贔屓に宜しくお願い致します。

本当に沢山の方々のおかげです。
ありがとうございました。

Cs3v5DNUMAACwYR.jpg
┗ 13:06:19 ━ Page top ━…‥・

== 制作 ==

巡回展出展作品紹介【4】

rinzen1.jpg rinzen.jpg

「凛然」

凛然とは「凛々しく勇ましい。凛とした様子」

終わりと始まり
心の聖所
哀しみも痛みも切なさも内包しつつ
凛とした強さと美しさを放つ

「BAROQUE PEARL」
最初の作品が「寂静」最後の作品が「凛然」
B4_400dpi.jpg rinzen1.jpg

(寂静と凛然の間にこれまで描いた作品があるイメージ)

ひとつの物語の終わりと、新たな物語への予兆。

作品のお問い合わせはSUNABAギャラリーへ
http://www.kcc.zaq.ne.jp/dfyji500/sunaba/
┗ 22:10:26 ━ Page top ━…‥・

== 制作 ==

巡回展出展作品紹介【3】

soubo2.jpg soubo.jpg

「いとまごいし想慕」

いとまごい、とは「別れを告げること。別れのあいさつ」という意味

想って欲しいと願えども
愛おしいと想えども
お別れを告げましょう
歩み進めるために

昨年描いた作品「わたしを想って」の続編です。
omoi.jpg

続きを描くということも初の試みでしたが、
巡回展ならではかなと。。

哀しい結末になってしまいましたが、そういう幸せもあるのだと思います。

作品のお問い合わせはSUNABAギャラリーへ
http://www.kcc.zaq.ne.jp/dfyji500/sunaba/
┗ 22:08:18 ━ Page top ━…‥・

== 制作 ==

巡回展出展作品紹介【2】

img068-1.jpg ningyo.jpg

「沈黙の愛」

幸せの記憶 幸せだった記憶 
たった一言も 伝えられないのなら
声を失くしたのとおなじこと 
それでもたったひとつの記憶と共に
真珠のような泡となり消えてもいい
愛しています 
さようなら

人魚姫はずっと描いてみたかったモチーフなのですが、
BAROQUE PEARLで描かずしていつ描くのだ、
というくらいぴったりなテーマで、
思い入れが強くて難しかったですが、やっと描けて良かったです。

手に持っているお花はリューカデンドロン。
花言葉は「沈黙の恋」
でもこれは恋ではなく愛。

報われなかったけど、愛を知れたことは、きっと幸せだったのだと思う。
知らないまま死んでしまうよりずっと。


作品のお問い合わせはSUNABAギャラリーまで
SUNABAギャラリー
http://www.kcc.zaq.ne.jp/dfyji500/sunaba/
┗ 22:04:05 ━ Page top ━…‥・

== 制作 ==

巡回展出展作品紹介【1】

14344142_1177839365630178_2470612121443862277_n.jpg 14237754_1177839375630177_2906635000840242558_n.jpg

「淡き瞬刻へ」

「瞬刻」…「ごく僅かの間」「またたく間」

桜の花は一瞬で満開になり一瞬で散ってしまうのに、
その僅かな時間であっても人の心に深く、
美しく切ない印象を残す。
そんな桜のように、誰かの心にも留まれたら。。という願い。


作品のお問い合わせはSUNABAギャラリーまで
SUNABAギャラリー

http://www.kcc.zaq.ne.jp/dfyji500/sunaba/index.html
┗ 22:00:26 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。